高所作業

高所作業(空師 菅原周一さん)の紹介。

作業風景1

空師

(そらし)。

樹上高く登りてっぺんから枝を払い、

空に近い場所にて伐採作業を行う・・・ゆえに空師。

 

海外では空師のように樹木高所作業をする者を、

*アーボリストと呼ぶ。

 

*アーボリスト・・・海外では樹木医の意味合いもある。)


えぐね(いぐね)の手入れ、巨木の枝払い・伐採

建物の側で大きく成長した木は、枝が屋根にかかったり台風で折れることがあり危険です。庭木と同様手入れが肝心。

 

(※えぐね(いぐね)・・・この辺の呼び方で「屋敷林」のこと。防風などの効果を期待して、伝統的な日本家屋は木々に囲まれていた。)


作業風景2
※画像をクリックすると拡大されます。

左の写真は住宅の立ち並ぶ中で、スギの伐採作業をしている様子です。まず、

①チェーンソーをしょって登り、

②枝を落とし、上から伐っていきます。

③伐った丸太はロープを使って安全に地面に降ろしていきます。

太い枝になるとこれもロープで吊ってから伐ります。

 

最大限の注意を払い、建物への影響がないように作業を進めるため、何日もかかる場合があります。

近年では大径木(老木や枝ぶりのいい大きな木)自体少なくなって市場は狭まってきました。しかし、銘木として取引されることもあり、価値ある銘木として切り出すには空師の確かな腕があってこそ、と言えるでしょう。

 

空師、菅原周一とは?

~この人を知らずに語れない~

菅原周一

柔和な笑みを浮かべ東磐井地方森林組合の作業班で班長も務めている、菅原周一さん。東磐井地方森林組合の総代も務められている(現在2期目)。

約10年前には”平成の金太郎”の通り名で全国に知れ渡った人物である。下記リンクに詳しく紹介されている。

(下内野自治会 かじかの里、空師のページ)

http://homepage3.nifty.com/kajikanosato/kintarou.htm

岩手日日 2001.12.1の記事
岩手日日 2001.12.1の記事

深夜、自宅の鶏小屋を襲ったクマに対し、周一さんはマサカリで一撃したのだという。(注:「本来なら有害駆除申請が必要だが、緊急的でやむを得ない措置」岩手日日 2001.12.1の記事より)

誰もが逃げ出してもおかしくない状況で応戦を模索した、大した度胸である。もちろん真似してはいけない。


松茸写真

趣味はきのこ採り。松茸もこんなに採ったらしい。羨ましい!!